私がカードローンを利用することとなった経緯は、会社からの給料の振り込み日よりも数日前に、公共料金等が指定口座から引き落とされるため、給料日前には毎月、銀行口座には残高がほとんど無い状態でした。

前もって貯金をくずしてまで、それに充てるということはしたくなかったので、カードローンを申込み、指定口座に給料日前の公共料金引き落とし日に合うように入金しておくことで、引き落としができなかったための、督促状がくることに対応しました。

給料日の数日前の引き落としに、間に合うようにカードローンを利用して、前もって指定口座に入金しておくことによって、面倒な督促状が送付されてくることが無くなりました。

督促状が送付されてくると、振り込み用紙が同封されているので、それをコンビニに持って行って、コンビニで支払うといったような、手間がかかりました。

しかし、カードローンを利用することによって、そういった手間がかかりませんので、後日コンビニに支払いに行くといった手間がかかることが無くなり、休日の大切な時間を使って、支払いに行くといった時間を消費することがなくなり、休日の時間を有効に使うことができるようになりました。

カードローンというと、借金といったイメージが強く、利用はしたくないといった方が多いと思います。しかし、それを利用することで生活に必要な料金支払いなどの引き落としタイミングが合わない場合などには、大変便利なサービスだと思います。

また、給料日前にも関わらず、急にお金が必要になる場合がこれからあると思います。

ですので、カードローンといったサービスは、うまく使えば非常に便利なサービスだと私は思います。