私たち一般の消費者を対象とした融資を行っているのは、大手都市銀行や町の信用金庫、消費者金融のような貸金業者や俗に闇金と呼ばれる非合法の業者まで、たくさんの業者が存在します。

 非合法の業者は論外として、キャッシングを行っている業者は、大きく分けて銀行等の金融機関と消費者金融に代表される貸金業者の2つに分類することができます。

 私たちにとっては、融資を受けるだけですので、金利が安い等の条件がそろっていれさえすれば、どちらでも構わないというのが本音ですが、これらの二つには、大きな隔たりがあります。

 消費者の目線で見た場合の、両者の大きな違いは、何と言っても総量規制の制限を受けるか受けないかという点が大きいでしょう。

 総量規制により、融資の限度額は年収の3分の1までに制限されましたが、これは消費者金融等の貸金業者を縛る規制ですので、貸金業者は、法の定めに従った貸し出しを行わなければなりません。

 しかし、この規制は、銀行等の金融機関には適応されませんので、銀行からキャッシングする場合には、場合によっては、年収の3分の1を超える利用も可能となります。

 この点は、キャッシングを検討するときの、とても重要なポイントになりますので、ぜひ覚えておいて頂きたいですね。